信州大学医学部の面接について

医学部入試で、近年重視されているのが面接です。 

面接では医師としての適性がチェックされ、地域枠では、地域で働き続ける意思を確認されることも多いといわれています。

形式は、個人面接、集団面接、討論面接などがあります。

討論面接は差がつきやすく発言しないと記憶に残らないため、積極的に発言しましょう。

また、コミュニケーション能力も評価されます。

集団面接では、他の受験生の話をしっかりと聞くようにしましょう。

他の人の話を聞きながら自分の考えを整理し、突然、意見を求められても対処できるよう油断しないことです。

信州大学医学部の面接試験で問われる事項には次のようなものがあります。

・なぜ信州大学か

・どんな医師になりたいか、そうなるために自分はどんなことを頑張っていくか

・松本はどんな印象か、長野県の市について

・最も感謝している人は誰か

・高校時代の一番の思い出

・今までで一番困ったこと

・小論文の内容について

・医療とはどういうことだと思うか

・長野県でも地方の医師不足が問題となっているが、どのような解決策が考えられるか

・日本の国民皆保険制度についてどう思うか

・今後も増えていくと思われる医療費の財源をどのように確保すればよいか

・今後合格して一人暮らしをするとしたら、お金をどのように使いたいか

・合格したら何をしたいか